IGマーケッツ証券とは

IGマーケッツ証券とは

IGマーケッツ証券は、バイナリーオプションを日本で最初に行ったFX業者です。

IGマーケッツ証券はオリコンが調べた結果、2010年と2011年の2年続けて顧客満足度が堂々の1位に輝いた業者です。

そのため、利用者からの評価がかなり高い業者といえるでしょう。


IGマーケッツ証券が取り扱っているバイナリーオプションは、初心者でも簡単に手が付けられるように、シンプルで簡単な取引にしています。


取引の条件が決まっていて、その条件に達するか、または、達しないかという2つの選択肢から選びます。

結果が出るまでに最高でも24時間しかかからないという商品です。


また、取引をスタートする前には、最大でいくらの儲けが出るのか、また、最大でいくらの損害が出るのかが分かるので、リスクを管理しやすいのが特徴です。

その分かりやすさも人気がある1つの理由といえるでしょう。


IGマーケッツ証券のバイナリーオプションでは、2つのタイプを採用しています。

その2つのうち、好きなタイプを選ぶことができます。


1つ目:『ラダーオプション』


取引が終了する時間のときに、決められた為替レートよりも上に行くか、または、下になっているかを選択して予想を立てるという商品のことです。

例えば、70で始めた場合、上に上がったには、100で清算することなり、『100 - 70』=30が儲けに、下になったときには、0で清算することになり、『0−70』=−70となり、70が損害になるということです。


2つ目:『ワンタッチオプション』


終了時間までに、決められたレートに到達するかどうかを選択して予想を立てるという商品です。

終了時間までに決められたレートに到達したときには100、到達しなかったときには0になります。

これも『ラダーオプション』と同じ計算方法です。


その『ラダーオプション』と『ワンタッチオプション』の情報も載せておきます。


最低の購入額:1000円

取引手数料:無料

払い戻しの倍率:2〜10倍

終了時刻:午前0時・午前8時・午後12時・午後4時・午後8時

通貨ペア

・(米ドル/円)

・(英ポンド/円)

・(ユーロ/円)

・(ユーロ/米ドル)

・(豪ドル/円)

その他:株価指数が14種類・商品が3種類


IGマーケッツ証券はバイナリーオプション以外の商品も各種取り揃えているのがほかの業者と異なる点です。


バイナリーオプションは、米ドル/円というペアで取引をすることが一番多いですが、IGマーケッツ証券が取り扱っているバイナリーオプションでは、ほかにも株価指数を14種類と3種類の商品も取り扱っています。

ほかの業者には真似できない取引をすることが可能なのがIGマーケッツ証券の特徴といえるでしょう。


そのFXで取り扱っている種類は5種類あり、米ドル/円のほか、英ポンド/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円となっています。

ほかにも、株価指数については、ラダーオプションの場合には、日本225のほか、日本前株、ウォール街、英国FTSE100、ドイツ30、フランス40、イタリア40、スペイン35、オーストラリア200、シンガポール優良株先物、韓国200先物、香港HS先物、中国先物、インド50先物の14種類となっています。


ワンタッチオプションの場合には、日本225、ウォール街、英国FTSE100、ドイツ30、フランス40、イタリア40、スペイン35、オーストラリア200の8種類となっています。


また、『ラダーオプション』では、NY金先物のほか、NY銀先物、NY原油WTI先物を取り扱っています。


『ワンタッチ』では、NY原油、WTI原油先物を取り扱っています。


以上のように、たくさんの種類を取り扱っているので、自分の好きな種類を選ぶことができるのが魅力です。


また、バイナリーオプションの場合には、1日のうちに5回の取引が可能で、ほかの商品では1日のうちに1回の取引が可能となっています。


最後にIGマーケッツ証券の会社概要を紹介しておきます。

口座を開くときに参考になるかもしれませんので、ぜひ活用してください。


会社名:IGマーケッツ証券株式会社 IG Markets Securities Limited

本社所在地:〒105-7110 東京都港区東新橋1丁目5番2号 汐留シティセンター10階

設立:2002(平成14)年12月3日

資本金:4億円

事業内容:

1. インターネット上で行う外国為替/CFD取引に関する業務

2. 外国為替/CFDの売買業務

3. 外国為替/CFD売買に関する情報提供サービス

登録番号:関東財務局長(金商)第255号

加入団体:日本証券業協会

社団法人:金融先物取引業協会(会員番号1168)、日本商品先物取引協会

主要株主:マーケットデータ・ジャパン株式会社(IGグループ Holdings 100%子会社)100%