通貨の一種であるポンドとは

通貨の一種であるポンドとは

イギリスで使われている通貨は『ポンド』です。

イギリスというのは、ヨーロッパでありながらEUには加盟していません。

そのイギリスでは、ポンドという通貨を使っていることを知っている方はたくさんいることでしょう。


ここでは、ポンドについて見ていくことにします。

まずはポンドについての歴史からです。


ポンドはイギリスの通貨ですが、1900年代のはじめ頃まで世界のなかの基軸通貨でした。

今は、アメリカドルが世界の基軸通貨となっていますが、それまではイギリスのポンドが基軸通貨だったわけです。

つまり、イギリスの通貨であるポンドが世界を回していたということになります。

現在は、そのポンドの流通量は、1位のアメリカドル、2位のユーロの次の3位の通貨です。


ここからは、そのポンドのマーケットでの値の動きについて見ていくことにします。


ポンドは値の変動の幅が広いとされているユーロよりも値の変動の幅が広い通貨というのが大きな特徴として挙げられます。

なぜ、変動の幅が広いかというと、需要と供給の関係性を理解することで謎が解けます。


先に説明した通り、ポンドというのは、世界の基軸通貨でした。

今でもイギリスではそのポンドは通貨として存在しています。

それでも、アメリカドルやユーロよりは発行数が少ない通貨です。


確かに、ポンドはこれらよりも発行数が少ないですが、そのポンドを買いたいと思う人はたくさんいます。

そのため、取引が何度も行われています。

そうなるとどうなるかというと、為替レートが上昇と下降を繰り返します。

つまり、短い間に一気に値が動くため、そのときに購入すれば儲けがたくさん出るチャンスがあることになり、儲けをたくさん出したいときにはこの通貨を選ぶといいということがいえるのです。