バイナリーオプションを取引することができる期限

バイナリーオプションを取引することができる期限

バイナリーオプションで取り扱っている通貨は業者ごとで違います。

主には「米ドル」・「ユーロ」などで、他にもいろいろな通貨を取り扱っています。


そのなかでも、バイナリーオプションを日本で最初に行ったIGマーケッツ証券の場合、米ドル→ユーロ、ユーロ→米ドルなどの外貨同士の取引をすることができます。


いろいろな通貨で取引ができるのですが、どの通貨で取引をするのかで取引の制限時間に差があります。

また、取引の際に適用されるルールも業者ごとで違いがあるため、そのようなことは口座を開く前にきちんと確認しておいてください。


バイナリーオプションにはFX以外のものも存在します。

例えば、株価指数についての取引の商品では、日本225・ウォール街・フランスなどいろいろな商品があり、世界各国の株価指数についての取引の商品があります。

各国で時差というものが存在するので、土日・祝日を除いていつでもどこかの商品で取引が可能です。


このような株価指数についての取引の場合のバイナリーオプションというのは、取引が終わる数分前には取引をすることが不可能な商品が大半を占めています。

つまり、取引をしてもいい時間は、終了する時間ギリギリということになります。


例えば、日本225は、15時に取引が終わりますので、14時59分までが取引をしていい時間となり、ウォール街の場合は、6時に取引が終わるので、5時59分までが取引をしていい時間というわけです。


決済をする時刻が取引が終了する時刻と近い時刻の場合には、当たる確率が上がるので、市場が終わる時間間際に購入することで当たる確率を上げることができます。


業者としてはそのようなことを考えている方が取引を終了するギリギリに取引をして、アクセスがパンクしないようにようにするために市場の終了する時間を少し早めにしているのだと思います。


IGマーケッツ証券の場合、FX取引に始まり、株価指数、バイナリーオプションの商品を扱っています。

ほかにもNY金先物取引、NY銀先物取引、WTI原油先物取引なども取り扱っています。


そのためIGマーケッツで取引をするときには、、FXや株価よりもこのような取引の方が自分には向いているという場合には取引自体は2つの選択肢から選ぶという方法なので、こちらを選んでみてもいいでしょう。