バイナリーオプションの3つのタイプ

バイナリーオプションの3つのタイプ

バイナリーオプションは指定された時刻に為替レートが上がるのか下がるのかを見極めて予想をする取引ですが、その決め方は業者や取引の種類で違いがあります。


バイナリーオプションをしている大半の業者は、大きく分けると3つのタイプで取引をしています。


3つのタイプの方法は、ルールや決め方だけが異なるのであって、この決め方だから勝ちやすかったり、または、負けやすかったりするということはない点を覚えておきましょう。


そのため、それぞれのタイプの取引をきちんと理解することが大切で、その上で自分に合っていると思うタイプを選択するのがベストでしょう。


1つ目:『HIGH or LOW』

バイナリーオプションのなかでも一番基準となるが、このタイプです。


指定された時刻での為替レートが、今の時刻のレートと比べて上昇するのか、または、下降するのかを予想するというシンプルなルールです。


この『HIGH or LOW』は、簡単なタイプのため、知識や経験などはなくても平気で、FXのことを知らない素人でも分かりやすい取引です。


この決め方を採用している業者はFXトレードフィナンシャルとGMOクリック証券などがあります。

FXトレードフィナンシャルの場合の名前は『HIGH・LOW』で、GMOクリック証券の場合の名前は『外為オプション』です。

ほかにもいろいろな業者が採用しています。


2つ目:『ワンタッチ』

取引が始まってから取引が終わる時間までに、決められたレートの値に1回でもなれば、お金がもらえるというタイプです。

決められた時間が経過したときにレートが上昇したか下降したかということではなく、1回でも決められたレートの値に達することでお金がもらえるというわけです。


この決め方を採用している業者には、IGマーケッツ証券やFXプライムなどがあります。

IGマーケッツ証券の場合の名前は『ワンタッチオプション』で、FXプライムの場合の名前は『選べるHIGH・LOWワンタッチ』です。


3つ目:『レンジ』

取引が始めってから取引が終わる時間までに、決められた範囲の中にレートの値が含まれるか含まれないかを予想するというタイプです。

『レンジ』はほかの言い方もあり、『境界』といったり、『パウンダリー』といったりすることがあります。

レートがあまり変動しない場合には、このレンジのタイプを選ぶといいでしょう。


この決め方を採用している業者には、FXプライムがあります。


しかし、レンジの場合は、ほかの2つのタイプとは異なり、採用している業者が少ないのでその点は覚えておきましょう。